介護付き有料老人ホームとはどんなところか

老人ホームという複数のものが存在しているのですが、そのなかでも介護付き有料老人ホームというものは、各都道府県から特定施設入居生活介護という指定を受けて運営している老人ホームになります。
特定施設入居者生活介護というのは、有料老人ホームやケアハウス、の他にサービス付きの高齢者住宅に住んでいる介護が必要になる高齢者に対して、行っている介護サービス計画なのです。



これはお風呂に入る時や、トイレにいく時のほか、食事をするときなどの日常生活をするときのお世話をしたり機能訓練をするサービスになります。

この教えて!gooの最新情報をご提供します。

このサービスを実施するには人員の基準や設備の基準のほか、運営の基準などがあり、それらの基準をすべて満たした施設が介護付き有料老人ホームということになるのです。

介護のサービスに関しては24時間体制で受けることができ、この介護サービスに関しては介護スタッフが行います。

その他に、医療機関と連携しているので、健康管理や急な病気になった時の対応をすることができるのです。

入居することができる方の年齢というのが各施設により異なっているという特徴があり、大体の施設では60歳以上の方が対象となっています。

介護が必要な方を対象としている介護専用という施設もあり、介護認定をされていない方や介護が必要な方が同時に入居できるところが混合型という施設になっているのです。



また、認知症の方や胃ろうの方でも入居することができる施設もあります。